検事の職務内容はどんなものがあるの?

 

 

 

 

犯罪を犯すと現行犯は別として、警察の任意同行や取り調べを受けた後、犯行を

 

認めれれば逮捕という事になります。

 
犯罪捜査についての役割は警察は犯罪について捜査までの権限しかありませ

 

ん、その後は検察預かりとなります。

 
検察預かりとは、何も容疑者を検察庁に閉じ込めておくことではないのです。

 
容疑者に対する権限が、警察から検察に移ったという事なのです。

 

af9920062359l

その後の容疑者をどうするかは、検察の手にゆだねられます。

 
検察は警察を手足の如く扱って捜査を行い、その後、取り調べをして、容疑者を

 

裁判にするかどうか、具体的な犯罪の事実を明らかにし、被告人の有罪を証明す

 

る為の証拠を提出し、被告人が負うべき刑罰について求刑を決めます。

 
裁判になると、容疑者は被告と呼ばれるようになります。

 
どのような悪質な犯罪も検察抜きでは裁判に持ち込むことが出来ないのです。

 
それだけに彼らは、不正を憎み、正義に燃えています。

 
犯罪捜査のスペシャリストです。

 
この様な強い権限を持った検察で主要な働きをするのが、検事ですが、採用され

 

るためには、司法試験に合格後、最高裁判所司法研修所を修了した後、採用さ

 

れます。

 
又、懲戒免職以外では本人の意に反して辞めされることは出来ないことになって

 

います。