刑事事件公判はこのような流れで進められる

 

 

検察で働いている人達は、裁判所へ出向いて刑事事件の公判に立ち会い、被告人の犯罪を立証するのが大きな仕事の一つです。この刑事事件公判はほぼ決められた流れに沿って進んでいきます。

 
まず、初公判の前に「公判前整理手続」と呼ばれるものが行われることがあります。ここで、裁判所、検察側、弁護側の人達が集まって協議を行い、公判において取り扱う証拠や争点を絞り込みます。このときに公判の日程も決定します。

 
裁判が始まると、最初に行われるのは「冒頭手続」と呼ばれるものです。ここでは、裁判長が被告人に対して人違いではないことの確認、検察側の起訴状の読み上げ、被告人が行使できる権利の告知、被告人の罪状認否が行われます。

 
冒頭手続を終えた後は「証拠調べ」が行われます。最初に「冒頭陳述」により事件の全容を明らかにするとともに、検察側と弁護側の双方が公判でどのようなことを証明するかを説明します。公判前整理手続が行われた場合は、その協議の結果もあわせて説明されます。証拠調べでは、まず検察側が証拠調べを請求し、弁護側は提示された証拠に対して意見を述べます。裁判所はこれを踏まえて証拠を採用するかどうかを決定し、採用した証拠については取り調べを行います。検察側の請求が終わると、同様の方法で弁護側の証拠調べの請求が行われます。

 
証拠調べが終わると、検察側は事実および法律の適用について最終的な意見を述べる「論告」と、求める刑の内容を明らかにする「求刑」を行い、弁護側はこれに対して意見を述べます。これらの流れを経て、最後に裁判長から被告人に対して「判決」が言い渡されます。